2009年03月10日

ふとおもう。

今日はブーが一日いなくてなんて清々しい。
しかもラブ部長やさしい。
いつも思うのは、こっちが好きなら相手も好き、といった
方式があると思うのだ。
ホントに前の店にいたときとは全然違う。
こっちからもあまり何か聞こうとか、何か助けてもらおうとか
上司として見ていなかったところがあったけど、
そう思うように接すると、向こうもそれに応えてくれている。
と、思っている。

いまこのひとつひとつのやりとりが本当に貴重で、
自分にとって推進をしていくうえでの支えになってくれている。

このひとのためなら労を惜しまない。

こっちが相手に合わすのではなくって、こっちの自然体を
受け入れてくれるということは本当にありがたいことだ。

この自然体は、我を通すのとはまた訳が違う。
それは単なるわがままになる。

こちらの意図を酌んだ上で受け入れてくれることが
いま置かれている環境でどれだけ救いになっているかきっと
ラブ部長はわかっていないけど、ラブ部長が居てくれるのと
居てくれないのとでは、気の持ちようが天と地ほど違うのだ。

それほどブーには苦しんでいる。

もっとワタシが演技派で、自分の意志を殺して、相手に合わせる
ことができたら、こんなに苦しむこともないけど、
でもブーの人間性はワタシの許容量を超すから、いつも
ぶつかり合うんだな。

しかしこれだけ苦手だったら、もう別にとことんぶつかっても
いいか、とさえ思う。

なんでこんなにワタシが気を使わないといけないんだ、って思えてきた。

行き過ぎたらきっとラブ上司が止めてくれるだろう。

posted by ヨーゼフ at 21:43| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115435690
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。